以下の項目は、順次、更新の予定です。

こども園について

沿革

1946年 日本キリスト教団水海道教会付属「二葉幼稚園」として水海道橋本町に創立。

1971年 現在地(水海道天満町)に移転。
1997年 学校法人水海道教会学園を設立。
2009年 認可外保育施設の「育ちサポートセンター」(1・2歳児保育)を設立。
2014年 認定子ども園「二葉こども園」となり、幼稚園と保育園を運営するようになる。
2016年 こども園の新園舎の運用を開始(2015年度に旧園舎を全面新築)

教育保育方針

キリスト教の愛の精神を基盤とし、子どもが自ら生きる力を養い、豊かな個性を育みながら、共に生きることを、喜びとする教育保育を目指します。

教育保育目標

●目に見えないものを大切にする。

●子どもの主体性を大切にする。

●一人ひとりを大切にする。

こども園について

「子ども・子育て支援制度」の開始により、水海道教会学園の幼児施設は、2014年から、幼稚園(満3歳児・3~5歳児)と保育園(0~5歳児)の子どもが一緒に過ごす「二葉こども園」(幼保連携型)になりました。


お子様の入園希望の時は、お住まいの市町村の認定(1号・2号・3号の別がある)を受ける必要があります。お子様の基本の保育料は、保護者様の所得に応じた金額となります。認定ならびに保育料は各市が決定します。詳細は、園、各市の担当課にお尋ねください。

二葉こども園の保育

幼稚園(満3歳児・3~5歳児)と保育園(0~5歳児)の子どもが一緒に過ごします。
幼稚園の子ども(満3歳児はDコースのみ)は、預かり保育により保育園と同じ長時間保育、夏・冬・春季の長期休業期間の保育を受けることが可能です(経費別途)。また、幼稚園の子ども(満3歳児はDコースのみ)は、通園バスの利用が可能です(経費別途)。

保育園の子どもも園外保育などでバスを利用します。